美しさと機能

歯医者医療機器

歯が美しいということは、それだけで大きな自信に繫がる。
日本人の歯は黄色くなりがちなので、アングロサクソン系の人々のように輝く白い歯は誰もが憧れるものである。
白い歯になるために前歯を全て多い隠すクラウンといった技術も取り入れる人がいる。
こういったクラウンなどの歯科技術がとても発達しており、歯に自信が無い人ももう一度歯に対する自信を取戻すきっかけを作ってくれる。
歯に自信が無いと、大きく口を開けて笑うこともためらわれてしまう。
奥歯の銀歯が目立っているのではないか、黄色い歯に視線が集中していないかなどの心配が出てくる。
タバコを吸ったり、ワインを多く飲んだりしていると、歯の黄ばみは多くなるので、ホワイトニングなどで黄ばみを除去する人もいる。

自分の歯で噛むことができることも自信に繫がる。
高齢者は歯茎の組織が弱まり、歯が徐々に抜けてしまうものであるが、年齢関係なく歯が多く残っている人は自分の口で噛むことができているので、食事も美味しく食べられる。
また、歯科では口腔全体のケアについても指導を行っている。
普段のブラッシングの指導を受ければ、虫歯を未然に防ぐことができるのである。
虫歯は口腔内の細菌が原因であり、その増殖は高齢者にとっては危険なことである。
このため、歯科医院では訪問医療をしているところもあり、幅広い年齢層の方に、口腔の健康を実現してもらうような取り組みを行っている。