高齢者の歯

多種類のインプラント

虫歯がひどくなって、歯を抜かざるをえない状況になってしまったり、怪我をして歯が抜けてしまったなどといった理由によって、自分の歯を失う場合があります。
そういった歯を失った場合には、歯科医院で行われる治療を受けて、健康な歯を取り戻すことができます。
治療方法には、第2の永久歯と言われているインプラント治療を行います。
この治療方法は、歯が失われた歯茎に、手術による方法で、チタンで出来たネジのような人工歯根を埋め込みます。
その上に人工で作られた歯を埋め込みます。
こうすることで長く自分の歯のように使うことが出来ます。
また、歯の審美性を考えて、健康な歯を抜いてからインプラントなどで人工歯根を埋め込む人もいます。

最近では、ホワイトニングをしたり、インプラントなどを利用して歯並びを綺麗にしたりするなどの審美歯科治療を行う人が増えてきました。
また、このような審美歯科を行っている医療福祉関係の病院も増えてきました。
ただし、虫歯治療などを主とした一般歯科だけしか行っていない病院も多くあります。
これは一般治療と審美治療のどちらも行っている病院や、審美治療をメインに行っている病院、矯正治療を専門に行っている病院など、それぞれの病院によって行っている治療内容が異なっています。
歯の審美性が重視されてきたことに伴って、審美治療すべてを行うまではいかなくても、一般治療と、インプラント治療を取り入れた治療を行うなど、少しずつ審美歯科を取り入れた病院が増えていっています。