虫歯や審美

ホワイトニング前・後

以前の歯医者は虫歯の治療を主に行っていましたが、最近はかなり特殊なことも頼めるようになっています。
そのような方法にホワイトニングとインプラントがあり、どちらも盛んに行われています。
ホワイトニングとは歯に染み込んだ色を取り除くもので、特殊な薬剤を使って行います。
多少傷みが発生することがありますが、基本的にリスクの小さい方法です。
インプラントは失われた歯の代わりに、新しい人工の歯を埋め込むものです。この方法は歯茎に人工の土台を埋め込んで、その上に被せ物を乗っけて行います。
インプラントは差し歯などに比べて、非常に高い安定性があり丈夫で長持ちします。ただこのような特殊な方法は基本的の保険の適用外なので、全て実費で払う必要があります。
そういう予算のことについて考えておかないと、後で問題になりやすいです。

最近の歯医者ではホワイトニングやインプラントと呼ばれる、新しい治療法が行われています。
このような方法は最近使われるようになったものですが、実は似たような治療法は別にもあります。
例えばホワイトニングの場合この方法は歯に染み込んだ色を抜くものですが、定期的に利用しないとすぐに歯に色がついてしまいます。
そのためいちいち歯医者に行かなければならない手間があり、それを不便に感じることがあります。
そういう時は歯の表面を少し削って、そこに特殊な人工物を被せる方法が効果的です。
このような方法ならば定期的に歯医者に行かずにすみ、安定した利用が可能になります。
インプラントの場合は差し歯やブリッチと呼ばれる方法があり、どちらも効果のある方法だといわれます。
しかし差し歯やブリッチは、長期間使っていると問題になりやすいという意見もあります。